朝の風景

「”街”という曲はきっと、眠った後の朝を描いてるのではなくて、
ずっと眠らずに迎えた朝を歌ってるんだよね?」

自分の曲を聴いてもらって、返ってきた感想を聞いて、ドキッとさせられた。
また改めて自分の描こうとした世界を決定付けられたような気もする。
たしかに”街”で歌っている「朝」は、
一日に起こる様々なことに立ち向かった後、夜を迎えて、
朝までの間に自分の中での葛藤や心境の変化などを乗り越えて
迎える「朝」であると思う。
だからこそ日々見慣れた風景でもすれ違う人の瞳が優しく映ったりする。

ここまでリアルに曲から風景を描いてもらえてることに、とても嬉しくも感じた。
なんだか、曲と言うのは自分の子のようなものだけれど、
こうして一人歩きしてくれていることが
とても嬉しい。と同時に責任感のようなものを感じる。



ここ数日、仕事のあとに曲作りをしている。
朝方適当なところで切り上げて、外に出る。
街は朝。
寒さは一段と厳しいけれど、穏やかな気分で帰宅する今日この頃である。
[PR]

by takeshikikuchi | 2006-01-19 19:34 | diary  

<< 2月以降 新春live情報!! >>