a night with バート・バカラック

僕には大好きな曲があります。

30年の人生で一番、好きな曲。
心を揺さぶられた曲。

その曲は「Alfie」。
作曲者はバート・バカラック。
作詞者はハル・デビット。
http://jp.youtube.com/watch?v=4hUhtLYhlhE←是非ご覧ください。この歌詞。you tube

詩、メロディ、コード進行。
すべてが一つ。
メッセージに寄り添って、進んでいく。

音楽家は常に良いそして完璧な曲を求めていきます。
この曲は現存するポップスの曲の中で
最も完璧に近いのでは、と思います。

今日はバート・バカラック 東京公演にいってきました。
e0071972_2195114.jpg


数年前にBS番組で見た、バートのトリビュートライブを見てから
この日を待ちわびていました。

なんだろう。
普通、ヒット曲はやはりオリジナルのヒット歌手が歌ってなんぼ!
みたいなのがあるけれど、
バートに関してはそれがない。

そこにバートがいて、ピアノを弾き
バートのアレンジでオーケストラが奏でる。
バートの笑顔がそこにある。

その曲を愛するシンガー達が歌いあげる。

それだけで満足なんですねぇ。
うん。
だからこそ多くのシンガーにカバーされ続けてきたのでしょう。

今日は多くの代表曲を堪能しました。

今年80歳。
10年後も20年後もいっぱい曲を残してほしい!

そう思う一夜でした。

さあ!今日、日曜は美容院ミウ主催イベントで歌って来ます!
[PR]

by takeshikikuchi | 2008-02-17 02:19 | diary  

<< 君の髪をとかして~君の香りの中で~♪ ご機嫌なバレンタイン >>