歌詞公開します

先日のモーションブルーライブにてお配りした
菊地威限定版アコースティック弾き語りCD。

二曲の歌詞を公開しときまーす!

よろしく

涙詩の樹~ナダウタノキ~
(words&music TAKESHI KIKUCHI)

悲しみは雨となり
大地へと注ぐでしょう
何かを求めて人は皆
ここへと辿りつくでしょう

苦しみが枝となり
痛みは葉となるでしょう
季節を幾度と無く越えて
見守る詩となるでしょう

泣きなさい 思い切り
泣きなさい
この体枯れて無くなるまで
もう二度と口ずさまないように
この悲しみの樹の詩


喜びは草となり
いつか実を結ぶでしょう
孤独が胸を支配しても
光を求めるでしょう

戸惑いが色となり
愛の花が咲くでしょう
何度も時代を繰り返し
伝わる詩となるでしょう

誰かが落としてく涙を
天へと吸い上げるでしょう

泣きなさい 思い切り
泣きなさい
この体枯れて無くなるまで
もう二度と口ずさまないように
この悲しみの樹の詩

往きなさい どこまでも
往きなさい
大空を羽ばたく鳥のように
もう二度とここへ戻らぬように
涙詩の樹の元へは
この悲しみの場所へは
戻らずに



花のような人
(words&music TAKESHI KIKUCHI)

ありふれた一日でさえも宝物に変えてしまう
君と過ごした一瞬があれば
何気ない一言でさえも魔法にかけられてしまう
君と交わした一言であれば

そう しばらくはひとりきりで
頑張ってみようかな
そう あの頃の
自分からの手紙をそろそろ
読み返してみる
勇気がわいたのさ

どうやって 僕はここまで来たのかな
いつだって そばにいて
見えない力をくれたね

ありふれた一日でさえも宝物に変えてしまう
君と過ごした一瞬があれば
何気ない一言でさえも魔法にかけられてしまう
君と交わした一言であれば

そう お互いを傷つけてしまうような
正義じゃなく
そう 現実を避けようとする
優しさでもない
本当の強さを教えてくれたね

いつだって 僕のちょっとした過ちも
そうやって 包み込んで
未来へ 導いてくれたね


ありふれた一日でさえも宝物に変えてしまう
君と過ごした一瞬があれば
何気ない一言でさえも魔法にかけられてしまう
君と交わした約束があれば
ありがとうなんて一言は
まだまだ言わないでいるよ
君と目指した 場所にいないから


時が過ぎて 何が残るだろう
そのころ胸に 何が香るだろう
愛はまるで 路地裏に咲く花だね
いまでも胸の ここに咲いてるよ


といった内容でした!

残念ながらこちらの不手際で行き届かない方がいらっしゃったみたいです。
深くお詫びいたします。
[PR]

by takeshikikuchi | 2008-03-29 05:16 | diary  

<< 日々を書き綴り。 桜 >>