届いたーー!嬉しい!

最近、CDの購入はほとんどがネットにて。

注文から発送までドキドキして
手元に届いて、封を開けたときの、わくわく感が好き!

なんだろう、
昔、大好きなアーティストの最新アルバムを発売前に予約しに行って
発売日をまだかまだか待ち望む、
あの感じに似てるな!


で、だいたいCDショップは発売日前日に仕入れるから、
前日に店頭で商品とめぐり合える!
なんか得した気分!
誰よりもファンだぞ!
って。

そんな風に待ち望んでもらえるアーティストになりたいなーー!

ということで
手元に届いたのは
一枚目。
ブライアン・カルバートソン「Bringing back the funk」 いかしたタイトル!
一曲目なんてタイトルかわいい「funkin' like my father」だって!
e0071972_0174272.jpg

ジャケ写のヘッドフォンした子供はなんとブライアン本人の幼少期なんだって!
両親が撮った写真を使ってるなんて、ほほえましい!いいな!

うた物とインストのバランス感覚が素晴らしくいい!
ここでちょっと声が欲しい!みたいなところでコーラスやフェイクが入ってきて飽きさせない。

ばーー!っと聞けちゃう一枚です。
名だたるファンク界の大御所を適材適所で使い分ける
ブライアンのプロデュース手腕に脱帽!
ホーンアレンジなんかも抜群、参考になるなー!

はーー!(幸せなタメ息ね)

そしてそして
もう一枚。
ジェームス・テイラー「covers」その名の通りカバー集!
これはマニアには堪らない内容でしょう。
ライブでJTが取り上げている曲のレコ盤だそうです。
e0071972_0263489.jpg

これはまだまだ聞き込んでないけど
やっぱいい感じ。スタジオの風景が見えてきそうな仕上がり。
ガットのドラムもさすが、シンプルかつ温かみのある音。

まず二枚聞き比べると音質。重要視されてる音のポジションの違いがはっきりしてるな。
簡単に言うとブライアンはばっちりクリア派。JTは中音域重視ぬくもり派。

もうちょっと暖かい気候になったら、この二枚聞きながら
ゆっくりドライブしたいな。
[PR]

by takeshikikuchi | 2009-03-03 00:31 | diary  

<< 明日のお客様。 やば!! >>